初心者でも簡単な育て方

植物

野菜苗から始める

ガーデニング初心者であり、仕事が忙しくて中々野菜の面倒を見ることが出来ない場合、せっかく育てても発育不全で貧相な野菜しか収穫できないということは珍しくありません。そのため、できるだけ良い野菜を収穫したいのであれば、種から育てるのではなく野菜苗から育ててみましょう。野菜苗とは、その名の通り野菜の苗であり、苗木から栽培を始めることで良い野菜を収穫しやすくなります。また、野菜苗から育てることで発芽して苗になるまでの間引き作業を行わなくても良いため、大切な葉を間引くといったリスクを無くすことも出来ます。このことから、野菜苗から育てることはガーデニング初心者にとって非常にメリットの有る事といえます。

メリットと購入手段

野菜苗以上に苗から育てるメリットが有るのが、果樹や、チューリップなどの一部の花です。これらは種から育てると年単位での管理をしなければならず、初心者が行うことで全く良い結果が出ないことが多いです。よって、年単位での栽培が必要な場合は苗から育てるのが良いとされています。苗は、園芸サイトの通販か、もしくは専門店で購入することになります。初めての場合は通販サイトよりも専門店で購入したほうがより良いものを選びやすいです。しかし、通販サイトでも大手ならば全体的に万全の状態で育った野菜苗や果物の苗を購入することができるため近所に園芸専門店がなかった場合は通販サイトで購入し、取り寄せてもらうというのも一つの手段です。